スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


抱き枕(だきまくら)

 最近は頭の下に置く枕だけでなく、体に抱えるタイプの抱き枕も人気があります。

 なぜ、抱き枕を使った方が良いのでしょうか?

 それには二つの理由があります。

その1.胎児の頃の姿勢
 人は生まれる前から、お母さんのお腹のなかで過ごします。
 このときの姿勢を胎児姿勢といって、何かを抱き抱えているかのような姿勢をいいます。
 抱き枕を使用することで胎児姿勢を自然に保ち、無意識に母親のお腹の中にいた頃のような「守られている安心感」を感じて安心してぐっすり眠れるのです。

その2.姿勢の安定化
 良い睡眠をとるには良い寝姿勢が考えられます。抱き枕を使用することによって安定した寝姿勢を保ち、睡眠中の体への負担を和らげてくれます。より質の高い睡眠を取ることができます。


効果的な使い方
1.横寝姿勢になって枕に寄り添う。
(枕と体に隙間が生まれ清涼感が得られます)

2.お猿さんのように抱き枕にしがみつく
(体圧が分散され体への負担を和らげます)

3.コアラの様に枕に抱きつく。
(安心感が得られます)

4.抱き枕を抱いて、背中を丸めた状態の胎児姿勢で眠る
(やすらぎが得られます)

 上記のような抱き枕の使い方がありますが、お好みに合わせた使用方法が一番だと思います。

 抱き枕には色々な形や材質がありますので、もしお店で選ぶことがあったら、実際に触ってみることをお勧めします。

 本当はベッドで抱いて寝るのが一番なんですけどね。



サイトマップ

 ■ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■睡眠に関するコラム
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(電車編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(タクシー編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(飛行機編)
 ├ お酒と睡眠の関係
 ├ 布団(ふとん)の叩き方
 ├ 三時間短眠法と分散睡眠
 ├ 目覚めやすい時間間隔
 ├ 時差ボケの対処法
 ├ 金縛りとは?
 ├ 動物の睡眠時間
 ├ 睡眠の質を高める方法 その1
 ├ 睡眠の質を高める方法 その2
 ├ 睡眠の質を高める方法 その3
 └ 睡眠の質を高める方法 その4

 ■睡眠の基礎知識
 ├ レム睡眠とは
 ├ ノンレム睡眠とは
 ├ メラトニンとは
 ├ マイクロスリープとは
 └ ブルーマンデー症候群とは

 ■睡眠に関する病気
 ├ 不眠症とは
 ├ 過眠症とは
 ├ 睡眠時無呼吸症候群
 ├ 概日リズム睡眠障害
 ├ ナルコレプシー
 ├ いびき(鼾)とは
 └ 歯ぎしりとは

 ■アロマテラピー
 └ 注意点

 ■睡眠グッズ紹介
 ├ 目覚まし時計
 ├ 低反発まくら
 ├ 抱き枕(だきまくら)
 ├ 酸素
 └ 睡眠改善薬ドリエル

 ■睡眠グッズ販売のショップ紹介
 ├ 最新の睡眠に関する本の紹介
 ├ 専門店一覧
 └ 総合店一覧

スポンサーリンク


カテゴリー
ブログ内検索
運営サイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。