スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少しでも睡眠を取る方法(電車編)

 電車での長時間の通勤・通学は、絶好の睡眠タイムです。つり革につかまったり、扉にもたれかかって睡眠を取ることもできますが、できれば椅子に座って寝たいですね。

 しかし、電車内が常に空いているとは限りません。通勤ラッシュに巻き込まれてしまうと、座るどころかつり革につかまるのも難しくなります。

 そんなときは、乗客が誰も乗っていない電車に乗りたいと思います。サラリーマンの中には、どうしても椅子に座って寝たいために、始点・終点の駅まで戻る人もいます。

 さて、いきなりですが、ここで問題です。近くに始点・終点の駅がない人が椅子に座るにはどうすれば良いでしょうか?

 3、2、1・・・

 タイムアップです。

 正解は椅子に座っている人の顔と降りる駅を覚えることです。

 まず椅子に座っていて、しかも近くの駅で降りる人を探します。それから、すぐにその人の前の場所を死守します。

 場所取りさえうまくいけば、この作戦は90%成功したも同然です。後は座っている乗客が降りるのを待って、相手席に座れば良いのです。

 一人だけの顔だけしか覚えていないと、その人が同じ時間の電車に乗っていなかったり、乗っていても立っていてこの作戦が使えない可能性が高くなります。

 私の経験では、大体10人ぐらい覚えておいた方が良いです。そして覚える顔ですが、できれば背広を着たサラリーマンや、学生服を着た人をお勧めします。

 サラリーマンや学生は、そんなに通勤・通学時間が変わることが無いからです。

 できるだけ、睡眠時間を確保するために、頑張って椅子に座っている顔を覚えて、場所取りをして下さい。

関連記事
少しでも睡眠を取る方法(タクシー編)
少しでも睡眠を取る方法(飛行機編)

 

サイトマップ

 ■ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■睡眠に関するコラム
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(電車編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(タクシー編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(飛行機編)
 ├ お酒と睡眠の関係
 ├ 布団(ふとん)の叩き方
 ├ 三時間短眠法と分散睡眠
 ├ 目覚めやすい時間間隔
 ├ 時差ボケの対処法
 ├ 金縛りとは?
 ├ 動物の睡眠時間
 ├ 睡眠の質を高める方法 その1
 ├ 睡眠の質を高める方法 その2
 ├ 睡眠の質を高める方法 その3
 └ 睡眠の質を高める方法 その4

 ■睡眠の基礎知識
 ├ レム睡眠とは
 ├ ノンレム睡眠とは
 ├ メラトニンとは
 ├ マイクロスリープとは
 └ ブルーマンデー症候群とは

 ■睡眠に関する病気
 ├ 不眠症とは
 ├ 過眠症とは
 ├ 睡眠時無呼吸症候群
 ├ 概日リズム睡眠障害
 ├ ナルコレプシー
 ├ いびき(鼾)とは
 └ 歯ぎしりとは

 ■アロマテラピー
 └ 注意点

 ■睡眠グッズ紹介
 ├ 目覚まし時計
 ├ 低反発まくら
 ├ 抱き枕(だきまくら)
 ├ 酸素
 └ 睡眠改善薬ドリエル

 ■睡眠グッズ販売のショップ紹介
 ├ 最新の睡眠に関する本の紹介
 ├ 専門店一覧
 └ 総合店一覧

スポンサーリンク


カテゴリー
ブログ内検索
運営サイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。