スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


布団(ふとん)の叩き方

 個人差もありますが、一晩ぐっすり眠ると、人間はコップ一杯分ぐらいの汗をかきます。そのため、一週間に一度ぐらいは、布団を干すことをお勧めします。

 さて、みなさんはどうやって布団を干していますか?

 まず朝起きて、天気予報を確認します。天気が良いことを確認した後、ベランダに敷き布団や毛布やまくらなどを持って行き、できるだけ太陽の光が多くあたる場所に置きます。

 それから、布団に付いているホコリやゴミを取るために布団たたきで叩き、しばらく待ちます。

 お昼ごろになったら、裏表まんべんなく太陽の光が当たるように、布団をひっくり返します。もちろん、布団の裏側に付いているホコリなどを取るために、また布団たたきを使います。

 再び時間をおいて、太陽が沈みかけたら布団たたきを持ってベランダに出ます。今度は外に干していることで、風に運ばれて付いてしまったほこりや花粉を取るために、布団たたきを使用します。

 上記で説明したとおり、布団を干すためには、布団の叩き方が最重要課題です。(ちょっと大げさですが・・・)

 たかが布団たたきですが、間違っている人が多いです。まるで親のかたきのように、力いっぱい布団を叩き、バシバシ音を鳴らしている方もいます。

 もしかしたら、家庭のストレスを解消するために、思いっきり布団を叩いているのかもしれません。しかし、生地をいためるため、あまり強く布団を叩かない方が良いです。

 実は、布団は叩いてはいけません

 コツとして、布団たたきを軽く持ち、払うように横に動かします。布団をたたくと一部分だけしか、ほこりを取ることができませんが、布団を払えば広範囲のほこりが取れます。

 強く叩かないため、布団の生地を痛めることがありません。

 布団を叩くことに生きがいを感じている人もいると思いますが、叩きたい気持ちをぐっと我慢して下さい。

 これからは、布団叩きではなく、布団払いになりそうですね。



スポンサーサイト
サイトマップ

 ■ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■睡眠に関するコラム
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(電車編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(タクシー編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(飛行機編)
 ├ お酒と睡眠の関係
 ├ 布団(ふとん)の叩き方
 ├ 三時間短眠法と分散睡眠
 ├ 目覚めやすい時間間隔
 ├ 時差ボケの対処法
 ├ 金縛りとは?
 ├ 動物の睡眠時間
 ├ 睡眠の質を高める方法 その1
 ├ 睡眠の質を高める方法 その2
 ├ 睡眠の質を高める方法 その3
 └ 睡眠の質を高める方法 その4

 ■睡眠の基礎知識
 ├ レム睡眠とは
 ├ ノンレム睡眠とは
 ├ メラトニンとは
 ├ マイクロスリープとは
 └ ブルーマンデー症候群とは

 ■睡眠に関する病気
 ├ 不眠症とは
 ├ 過眠症とは
 ├ 睡眠時無呼吸症候群
 ├ 概日リズム睡眠障害
 ├ ナルコレプシー
 ├ いびき(鼾)とは
 └ 歯ぎしりとは

 ■アロマテラピー
 └ 注意点

 ■睡眠グッズ紹介
 ├ 目覚まし時計
 ├ 低反発まくら
 ├ 抱き枕(だきまくら)
 ├ 酸素
 └ 睡眠改善薬ドリエル

 ■睡眠グッズ販売のショップ紹介
 ├ 最新の睡眠に関する本の紹介
 ├ 専門店一覧
 └ 総合店一覧

スポンサーリンク


カテゴリー
ブログ内検索
運営サイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。