スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動物の睡眠時間

 会社や学校に行く途中、車のボンネットの上でぐっすりと眠っている猫をみかけることがあると思います。夏になると、太陽の光が暑いために、車の下にできる日陰で寝転んでいることもあります。

 時間も仕事も学業も全て頭から忘れて、眠っている姿を見て、猫になりたいと考えたことがありませんか?

 私はあります。

 さて、そんな猫ですが、一日どのくらい眠るのでしょうか?

 調べてみたところ、猫の種類にもよりますが、約十四時間寝ています。人間の平均睡眠時間は約八時間なので、比較すると六時間ぐらい多く寝ています。

 猫の名前の由来が、よく「寝(る)子」から来ているという説もありますが、やっぱりイメージどおりよく眠っています。

 猫以外の他の動物は、どのくらい眠るのか疑問になり、調べてみました。

20時間 ナマケモノ
19時間 コウモリ
18-17時間 アルマジロ
14時間 ネコ、ハムスター
12時間 ゴリラ、アライグマ
8時間 人間、ウサギ、豚、ハリモグラ
5時間 ゴリラ
3時間 牛、ヤギ、象、羊
2時間 鹿、馬

※上の表は睡眠時間の平均値です。動物の種類や個体、性別や年齢によって睡眠時間はバラつきがあります。あくまで目安と考えて下さい。

 ナマケモノはイメージどおりですが、意外と眠っているのがコウモリです。一般的に草食動物は、睡眠時間が少なく、肉食動物は睡眠時間が多くなっています。

 また食物連鎖の上の方にいる動物の睡眠時間が多く、食物連鎖の下にいる動物の睡眠時間は短くなっています。敵が多いと常に身を守るために、起きていなければいけないからだ、と言われています。

 睡眠時間だけで考えると、生まれ変わったらナマケモノになりたいですね。



スポンサーサイト
サイトマップ

 ■ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■睡眠に関するコラム
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(電車編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(タクシー編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(飛行機編)
 ├ お酒と睡眠の関係
 ├ 布団(ふとん)の叩き方
 ├ 三時間短眠法と分散睡眠
 ├ 目覚めやすい時間間隔
 ├ 時差ボケの対処法
 ├ 金縛りとは?
 ├ 動物の睡眠時間
 ├ 睡眠の質を高める方法 その1
 ├ 睡眠の質を高める方法 その2
 ├ 睡眠の質を高める方法 その3
 └ 睡眠の質を高める方法 その4

 ■睡眠の基礎知識
 ├ レム睡眠とは
 ├ ノンレム睡眠とは
 ├ メラトニンとは
 ├ マイクロスリープとは
 └ ブルーマンデー症候群とは

 ■睡眠に関する病気
 ├ 不眠症とは
 ├ 過眠症とは
 ├ 睡眠時無呼吸症候群
 ├ 概日リズム睡眠障害
 ├ ナルコレプシー
 ├ いびき(鼾)とは
 └ 歯ぎしりとは

 ■アロマテラピー
 └ 注意点

 ■睡眠グッズ紹介
 ├ 目覚まし時計
 ├ 低反発まくら
 ├ 抱き枕(だきまくら)
 ├ 酸素
 └ 睡眠改善薬ドリエル

 ■睡眠グッズ販売のショップ紹介
 ├ 最新の睡眠に関する本の紹介
 ├ 専門店一覧
 └ 総合店一覧

スポンサーリンク


カテゴリー
ブログ内検索
運営サイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。