スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アロマテラピーの注意点

 自分の好きなアロマオイルの匂いを嗅ぐと、体のストレスが軽減され、心がリラックスします。心がリラックスした状態で、布団の中に入ると、ぐっすりと熟睡することができるようになります。

 しかし、睡眠時に行うアロマテラピーには、注意しなければならない点があります。

 まず、アロマオイルの原液は、濃縮されており純度の高い液体です。そのため、大量に使用してしまうと、匂いがきつくなってしまい、体に悪影響を及ぼしてしまいます。特に妊娠中の方や体調をくずしている方は、要注意です。

 アロマオイルを使用する場合は、必ず適切な容量を守ってください。

 また、寝ている間にも部屋中に良い香りが充満するように、アロマポットを使用して眠る人がいますが、あまりお勧めしません。

 アロマポットで使用しているキャンドル(ロウソク)が倒れてしまい、火事になってしまうおそれがあるからです。一時期、ニュースで放送されたことがあるので、知っている人も多いと思います。

 キャンドルが倒れて火事にならないかと心配になり、寝ている人に余計なストレスがかかってしまうことがあります。悩み事があると、深い眠りをとることができずに、結果として睡眠不足になってしまいます。

 睡眠時にアロマテラピーを行う場合は、枕もとの近くにアロマオイルを数滴たらしたティッシュペーパーを置いておき、直接匂いを嗅げる状態にしておいてください。

 毎日、自分の好きなアロマオイルをティッシュペーパーにたらし、布団に入るだけで、かなり睡眠の質が変わってきます。もし、すぐにアロマオイルを用意できるなら、試してみてください。

※人によっては、アロマテラピーによって、快適な睡眠を邪魔してしまうことがあります。何日か試してみて、自分に向いているかどうか確かめてください。


スポンサーサイト
サイトマップ

 ■ブログ紹介
 ├ はじめに
 └ カテゴリー紹介

 ■睡眠に関するコラム
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(電車編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(タクシー編)
 ├ 少しでも睡眠を取る方法(飛行機編)
 ├ お酒と睡眠の関係
 ├ 布団(ふとん)の叩き方
 ├ 三時間短眠法と分散睡眠
 ├ 目覚めやすい時間間隔
 ├ 時差ボケの対処法
 ├ 金縛りとは?
 ├ 動物の睡眠時間
 ├ 睡眠の質を高める方法 その1
 ├ 睡眠の質を高める方法 その2
 ├ 睡眠の質を高める方法 その3
 └ 睡眠の質を高める方法 その4

 ■睡眠の基礎知識
 ├ レム睡眠とは
 ├ ノンレム睡眠とは
 ├ メラトニンとは
 ├ マイクロスリープとは
 └ ブルーマンデー症候群とは

 ■睡眠に関する病気
 ├ 不眠症とは
 ├ 過眠症とは
 ├ 睡眠時無呼吸症候群
 ├ 概日リズム睡眠障害
 ├ ナルコレプシー
 ├ いびき(鼾)とは
 └ 歯ぎしりとは

 ■アロマテラピー
 └ 注意点

 ■睡眠グッズ紹介
 ├ 目覚まし時計
 ├ 低反発まくら
 ├ 抱き枕(だきまくら)
 ├ 酸素
 └ 睡眠改善薬ドリエル

 ■睡眠グッズ販売のショップ紹介
 ├ 最新の睡眠に関する本の紹介
 ├ 専門店一覧
 └ 総合店一覧

スポンサーリンク


カテゴリー
ブログ内検索
運営サイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。